酔いどれJohnny.2nd 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。

とうとうセカンドステージに突入で御座います。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

また前記事については、「リンク」より『 酔いどれJohnny『意外と身近にある歴史散歩』 』を御覧下さいませ。

7373 軍艦吉野戦死者之碑(呉市上長迫町・旧海軍墓地)

吉野型防護巡洋艦の1番艦である。


明治24年(1891年)度計画によりイギリスのアームストロング社に発注された。 


防護巡洋艦和泉(元チリ海軍エスメラルダ)や浪速型を設計したフィリップ・ワッツ(Sir Phillip Watts)の手になり、公試では23.031ノットを発揮し、世界最高速の巡洋艦といわれた。 


砲は全て速射砲であり、15cm砲4門、12cm砲8門とし、艦首方向の火力を重視し、15cm砲のうち3門を前部中心線及び両舷のスポンソンに配備した。


日清戦争に参戦し、黄海海戦では第一遊撃隊の旗艦として、速力と砲力を生かして活躍した。 


日露戦争では第一艦隊第三戦隊に所属し、旅順、浦塩哨戒に従事していたが、1904年(明治37年)5月15日、山東角沖で装甲巡洋艦春日と衝突沈没した。