酔いどれJohnny.2nd 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。

とうとうセカンドステージに突入で御座います。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

また前記事については、「リンク」より『 酔いどれJohnny『意外と身近にある歴史散歩』 』を御覧下さいませ。

7076 白尾国柱墓(鹿児島県鹿児島市池之上町48・福昌寺)

 この墓所については、島津家墓地の外となっております。



白尾国柱 ( しらお - くにはしら )
( 1762 - 1821 )


江戸時代中期 - 後期の国学者。


宝暦 12年 8月 5日生まれ。薩摩 ( さつま ) 鹿児島藩士。


記録奉行、物頭を努めた。


江戸で塙保己一 ( はなわ - ほきいち )、村田春海 ( はるみ ) に学ぶ。


藩主・島津重豪 ( しげひで ) の命で、曾占春 ( そう - せんしゅん ) と農事・博物書「成形図説」を編集した。


文政 4年 2月 15日死去。60歳。


本姓は本田。名ははじめ親白、親麿。通称は斎蔵。号は鼓川。


著作に「神代山陵考」「倭文麻環 ( しずのおだまき )」など。