酔いどれJohnny.2nd 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。

とうとうセカンドステージに突入で御座います。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

また前記事については、「リンク」より『 酔いどれJohnny『意外と身近にある歴史散歩』 』を御覧下さいませ。

7174 月照墓(鹿児島県鹿児島市南林寺町・南洲寺)

月照(げっしょう、文化10年(1813年)- 安政5年11月16日(1858年12月20日))は、幕末期の尊皇攘夷派の僧侶。名は宗久、忍介、忍鎧、久丸。


生涯
文化10年(1813年)、大坂の町医者の長男として生まれた。


文政10年(1827年)、叔父の蔵海の伝手を頼って京都の清水寺成就院に入る。そして天保6年(1835年)、成就院の住職になった。しかし尊皇攘夷に傾倒して京都の公家と関係を持ち、徳川家定の将軍継嗣問題では一橋派に与したため、大老の井伊直弼から危険人物と見なされた。西郷隆盛と親交があり、西郷が尊敬する島津斉彬が急死したとき、殉死しようとする西郷に対し止めるように諭している。


安政5年(1858年)8月から始まった安政の大獄で追われる身となり、西郷と共に京都を脱出して西郷の故郷である薩摩藩に逃れたが、藩では厄介者である月照の保護を拒否し、日向国送りを命じる。これは、薩摩国と日向国の国境で月照を斬り捨てるというものであった。このため、月照も死を覚悟し、西郷と共に錦江湾に入水した。月照はこれで亡くなったが、西郷は奇跡的に一命を取り留めている。享年46であった。「眉目清秀、威容端厳にして、風采自ずから人の敬信を惹く」と伝えられている。


墓は、月照ゆかりの清水寺(京都市東山区)と西郷の菩提寺である南洲寺(鹿児島市)にあり、清水寺では月照の命日である11月16日に「落葉忌」として法要を行っている(新暦の毎年同月同日に実施)。


辞世の歌
・大君の ためにはなにか 惜しからむ 薩摩の瀬戸に 身は沈むとも
- 昭和17年(1942年)発表の「愛国百人一首」に選定された。‐直筆は香川県の海岸寺宝物館に保管されている。


登場作品
テレビドラマ
・『翔ぶが如く』(1990年、NHK大河ドラマ 演:野村万之丞)
・『篤姫』(2008年、NHK大河ドラマ、演:高橋長英)
・『西郷どん』(2018年、NHK大河ドラマ、演:尾上菊之助)


参考文献
・蒲生重章「月照傳」:『近世偉人傳・初編』(明治10年)より
・友松円諦「月照」:吉川弘文館(1988年)


関連項目
・清閑寺
・近藤正慎
(wikiより)


関連情報
https://drunkenjohnny2nd.muragon.com/entry/841.html
7171 西郷隆盛墓(鹿児島市上竜尾町2-1・南洲墓地)