酔いどれJohnny.2nd 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。

とうとうセカンドステージに突入で御座います。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

また前記事については、「リンク」より『 酔いどれJohnny『意外と身近にある歴史散歩』 』を御覧下さいませ。

7172 西郷家の墓(鹿児島県鹿児島市常磐町) 

この墓所は、西郷隆盛の祖先とその一族の墓地である。


江戸時代中期からの代々の墓や隆盛の両親の墓をはじめとして、23基の古い墓石が 3列に並んでおり、大正 11年 8月、南林寺墓地 ( 現在の松原町から南林寺町一帯にかけてあった墓地 ) からこの地に改葬された。
 
墓地の入口近く、やや大きめの墓石が隆盛の弟・吉二郎の墓である。
 
吉二郎は、明治元年 8月新潟五十嵐戦争で負傷、戦死している。
 
隆盛と愛加那の間に生まれ、京都市長などの要職を歴任した菊次郎もここに眠っている。


また、隆盛が徳之島流謫中に世話になった島役人仲為の子仲祐の墓がある。
 
仲祐は、慶応 2年 ( 1866 ) 10月の隆盛上京の折り同行を許されたが、12月京都に没した。


さらに奥には、新しく建てられ、吉田茂が墓碑銘を書いた西郷家の墓がある。
(案内板より)


関連画像
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/526.html
512 西郷隆盛像(台東区上野公園7-47)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/2128.html
1945 西郷糸子墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/4070.html
3754 西郷隆輝墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)


https://drunkenjohnny2nd.muragon.com/entry/840.html
7170 西郷小兵衛墓(鹿児島市上竜尾町2-1・南洲墓地)


http://drunkenjohnny2nd.muragon.com/entry/841.html
7171 西郷隆盛墓(鹿児島市上竜尾町2-1・南洲墓地)


http://drunkenjohnny2nd.muragon.com/entry/843.html
7173 西郷吉二郎墓(鹿児島県鹿児島市常磐町)


 左端が吉兵衛の妻の満佐、その右側が吉兵衛の墓