酔いどれJohnny.2nd 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。

とうとうセカンドステージに突入で御座います。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

また前記事については、「リンク」より『 酔いどれJohnny『意外と身近にある歴史散歩』 』を御覧下さいませ。

7121 第二十一代・島津吉貴墓(鹿児島県鹿児島市池之上町48・福昌寺)

島津 吉貴 ( しまづ よしたか ) は、江戸時代中期の島津氏第 21代当主。薩摩藩の第 4代藩主。


生涯
延宝 3年 ( 1675年 ) 9月に鹿児島城で誕生。


ただし、父が再婚して間もない頃[注釈 1]の誕生だったためか後室の鶴姫 ( 吉良義央長女、上杉綱憲養女 ) や世間を憚り、曾祖父・島津光久の子供達と共に育てられる[1]。


元禄 2年 ( 1689年 )、将軍徳川綱吉から、「松平」の名字と偏諱 (「吉」の一字 ) を与えられ、初名の忠竹 ( ただたけ ) から吉貴 (「松平修理大夫吉貴」、「貴」は父・綱貴の偏諱 ) に改名[2]。


宝永元年 ( 1704年 )、父の死により家督を継ぐ。


宝永 7年 ( 1710年 )、第 6代将軍・徳川家宣に対して琉球慶賀使を聘礼させた。


享保 6年 ( 1721年 )、病気により痞が酷く、目まいもたびたび起こり、登城すら困難であるとして[3]、長男の継豊に家督を譲って隠居する。


後に継豊が徳川吉宗養女・竹姫と再婚させられそうになったときには反対派の筆頭であったとも言われる[注釈 2]。


延享 4年 ( 1747年 ) 10月、73歳で没した。


吉貴はそれまであった加治木島津家、垂水島津家に加え自分の息子達に越前家 ( 家祖は四男忠紀 )、今和泉島津家 ( 家祖は七男忠卿 ) と言う分家を作らせ、この 4分家のみが本家に後継者がいない場合に藩主を出せる家系とした。


江戸幕府の御三家や他藩の「支藩」にも似た体制だが、他藩ではこのような有力分家は「支藩」にするのに対し、薩摩藩では「私領主」の扱いで対外的には家臣と変わらなかったのは大きな特徴である。


脚注
注釈
1. 鶴姫との婚儀は延宝3年2月29日(1675年3月25日)。
2. むしろ吉貴は賛成派の筆頭だったという意見もある[4]。


出典
1. 参照「薩藩旧記雑録 追録」
2. 参照「島津氏への松平氏下賜」『日本近世武家政権論』村川浩平著 ISBN 4-8231-0528-1
3. 芳即正『島津重豪』(吉川弘文館〈人物叢書〉、1980年)p.5
4. 参照『徳川将軍家の結婚』山本博文著 ISBN 978-4166604807
(wikiより)