酔いどれJohnny.2nd 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。

とうとうセカンドステージに突入で御座います。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

また前記事については、「リンク」より『 酔いどれJohnny『意外と身近にある歴史散歩』 』を御覧下さいませ。

歴史の時間 224

ウンベルト2世(イタリア語: Umberto II、1904年9月15日 - 1983年3月18日)は、イタリア王国の第4代にして最後の国王(在位:1946年5月9日 - 6月12日)。


即位時に父王が得たアルバニア王位とエチオピア帝位は放棄しているため、両位は継承していない。金羊毛騎士団団員、エルサレム国王、サルデーニャ国王、ピエモンテ公などを称号として持つ。第二次世界大戦後、国民投票により廃位されて国外追放となり、ウンベルト・ビアンカマーノから続いてきた王家としてのサヴォイア家は終焉を迎えた。


短期間の在位を指して五月王 (Re di Maggio) と呼ばれた他、英語名由来でハンバート2世、フランス語名由来でアンベール2世の呼称も日本語文献に見られる。


詳しい事は、「ウンベルト2世wikipedia」をご覧下さい。 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%882%E4%B8%96


 " 最後のイタリア国王   ウンベルト 2世 " ( 1904 〜 83 )