酔いどれJohnny.2nd 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。

とうとうセカンドステージに突入で御座います。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

また前記事については、「リンク」より『 酔いどれJohnny『意外と身近にある歴史散歩』 』を御覧下さいませ。

昨日無事に帰って来ました

23日 新幹線に乗って家族で金沢に行きました



僕は 2度目、相方は 3度目、子供は初めてです。


金沢駅からホテルに到着後 近くにある尾山神社へ、この神社「加賀藩祖前田利家公と正室お松の方を祀る」お寺だそうです。


ただ雨でメチャ寒かった・・・


 ステンドグラスになっています。


⇧⇩  庭も綺麗です。



お昼近くなったので地元で有名なラーメン屋さん「平和軒」に向かいました。


 平和軒


 ラーメン 麺はストレート細麺で スープは、ショウガが効いていて正直病みつきになるお味でした。


 チャーハンもマイウー


 餃子もジューシーで美味しい


 ワンタン麺


さすがに3連休なので人出も多く、ひがし茶屋はごった返していました ( あくまで一か所だけ )。

 ひがし茶屋街


バスでホテルに戻りチェックイン 宿は「金沢東急ホテル」


 奥のベッドはエクストラベッドです。


このホテル全室なのかは分かりませんが、予約した部屋は禁煙室で喫煙したら「特別清掃料金 50,000円を請求するそうです。


ちなみに朝食の種類も多く、金沢の地元料理が多いのもウレシイです。



さてさて、夜は 10月から予約していたお店「おでん 高砂」さんです


 もう店前には 20人ほどが並んでました ( 金沢おでん屋さんは予約必須です )


 とりあえずビールで口を潤してからの・・・


此方のお店「金沢おでんベストスリー」に入るそうです


店の予約と一緒に「かに面」も人数分予約しておいたんです。( 予約できる店とできない店があります )


加能ガニ ( ズワイガニのオス ) で、ズワイガニのメスのことを金沢では香箱ガニと呼ばれています


で、かに面は香箱ガニのカニ味噌、内子、カニの身を殻に入れたものを「かに面」と呼ばれてます。


⇧ かに面


 食べ終わると、サービスの日本酒の熱燗を殻入れて貰い 身、内子、味噌を酒に落とし込んで飲むんですよ そして皿に残った「おでんだし」と酒も飲むのも醍醐味です。


正直、熱燗に「おでんだし」を入れて欲しかった・・・・


 おでん盛り合わせ
はんぺん、かまぼこ、がんもどき、車麩 ( くるまふ )、大根


 牛スジ、つぶ貝の身とキモ、さつまあげ


 じゃがいも、玉子


 ネギま ( マグロとネギ ) を味噌だれで食べます


 地酒は、黒帯


ささっと飲んで食べて退散しますか? あんまり長尻じゃないもんで ( 笑 )


2日目はホテル近くの武家屋敷跡の街並みを散策してからチェックアウトして、近江市場へと、朝食でお腹いっぱいだし 


回転ずしを食べるにも1時間待ちとは恐れ入りやの鬼子母神って事で、商店街を散策しながらスーパーに入りました


出かけた先の「インスタントラーメン」を買って食べるのが趣味なんですよ
今回は「イトメンのチャンポンめん」兵庫県たつの市の会社なんですね。



金沢駅でお土産を購入 これ前から気になってたんですよ


ふぐの子 ( 卵巣 ) を金沢で出来た糠に漬けて 2 ~ 3年すると毒素が抜けるそうです ( ビックリ )


お茶漬け、炙って食べるのも良いなぁ・・・


何時の旅も、食べ物と酒に終始するなぁ ( 笑 )  お粗末。