209 竹久夢二寓居跡(京都市東山区二寧坂・港や夢二前) - 酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

明治、大正、昭和の三代にわたり波乱の人生を送った不世出の詩人、画家、竹久夢二は大正三年秋頃 笠井彦乃と出会い、運命的な恋に落ちた。 彦乃は、東京日本橋の紙問屋の一人娘であり、彼女を愛する父は、後継者であった娘の恋に反対であった。 大正四年に結ばれた二人は互いに「山」、「川」...

https://drunkenjohnny.muragon.com/entry/213.html209 竹久夢二寓居跡(京都市東山区二寧坂・港や夢二前)

nice! 6