酔いどれJohnny.2nd 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。

とうとうセカンドステージに突入で御座います。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

また前記事については、「リンク」より『 酔いどれJohnny『意外と身近にある歴史散歩』 』を御覧下さいませ。

7335 航空母艦飛鷹の碑(呉市上長迫町・旧海軍墓地)





飛鷹は、日本郵船の客船出雲丸を改装した航空母艦である。 


出雲丸は大型優秀船舶建造助成施設により建造された客船である。 


第一次大戦後の造船および海運不況は。昭和初期にその極に達した。 そこで造船業とそれに関連する中小企業の維持振興を図り、新鋭船の建造により後日の海外進出と国防強化のために、三次にわたる船舶改善施設が実施された。 


これにより日本の造船・海運界は不況を脱したが、1936年(昭和111年)頃になると世界情勢の緊迫や満州事変の勃発により、造船・海運界への対策は、不況克服から国防強化のための施設実施へと切り替えられることとなった。 


このような情勢下で、1937年(昭和12年)4.月1日から優秀船舶建造助成施設が実施された。 


本施設により、後に特設巡洋艦となった大阪商船の報国丸型や、航空母艦に改装された日本郵船の新田丸型が建造された。


この優秀船舶建造助成施設と同時に、サンフランシスコ航路に配する大型客船に対して助成することが計画され、昭和13年度から大型優秀船舶建造助成施設として実施された。


これは建造費を2,400万円とし、その60%を政府補助とするものであった。 助成を受けるための条件は、全長210m、幅25m以上、速力24ノット、総トン数26,500~27,000トン、戦時には3ヶ月で航空母艦に改装可能なこと等であった。 


これを受けて建造されることとなったのが、日本郵船の橿原丸型2隻で、出雲丸は1939年(昭和14年)3月20日に三菱重工業長崎造船所で、出雲丸は同年11月30日に川崎重工艦船工場(神戸)で起工された。 


出雲丸は当時において日本最大の客船となるはずであったが、建造途中の1940年(昭和15年)10月に航空母艦への改装が決定され、翌11月より改装工事に着手した。
.
隼鷹型の飛行甲板は客船時のプロムナードデッキを延長したもので、2層の格納庫を設けていたが、常用48機+補用10機の搭載機のうち常用8~9機は露天繋止とされた。  


武装は12.7cm連装高角砲6基12門、25mm3連装機銃8基24門を備えていた。 


機関は客船時のものをそのまま用いていたが、蒸気条件は圧力40kg/cm2、温度420℃と日本海軍艦艇の中で最高のものであった。 


艦橋は煙突と一体化したアイランド型で、これは建造中の航空母艦大鳳に採用予定の構造を、実験を兼ねて取り入れたものである。速力がやや遅く、弱装甲であったが航空母艦としては蒼龍・飛龍に準ずる能力をもっていた。


出雲丸は1941年(昭和16年)2月10日に買収され、1942年(昭和17年)7月31日に航空母艦飛鷹として竣工、隼鷹とともに、ミッドウェー海戦で喪失した航空母艦の穴埋めとして空母機動部隊の中核を担うこととなる。 


10月11日、トラックを発しガダルカナル島攻撃に向かうが、機関故障を起こし引き返し、南太平洋海戦には参加していない。 


1943年(昭和18年)に入ると、4月にい号作戦に飛行機隊を派遣した後、横須賀で北方作戦に備えて待機した。 


6月10日、横須賀を発しトラックへ進出中、三宅島東方でアメリカ潜水艦Triggerの雷撃を受け航行不能となったが、救援部隊により、自力航行可能となり帰還、横須賀工廠で修理された。 アメリカ空母機の攻撃を受け、サイパン島西方730浬の地点で沈没した。