酔いどれJohnny.2nd 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。

とうとうセカンドステージに突入で御座います。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

また前記事については、「リンク」より『 酔いどれJohnny『意外と身近にある歴史散歩』 』を御覧下さいませ。

7333 軍艦信濃戦没者之墓(呉市上長迫町・旧海軍墓地)

信濃は大和型戦艦の3番艦として起工された仮称第110号艦を航空母艦に改装したものである。  


大和型戦艦は1936年(昭和11年)末のロンドン海軍軍縮条約失効をにらんで計画されたもので、基準排水量65,000トン、主砲46cm3連装砲3基、15.5cm3連装砲4基、12.7cm連装高角砲6基、速力27ノットという要目であった。 


1940年(昭和15年)5月4日、横須賀工廠で起工されたが、1942年(昭和17年)6月のミッドウェー海戦敗戦を受けた航空母艦増勢計画により、航空母艦への改装が決定した。


航空母艦への改装に当たっては、固有の艦上攻撃機・艦上爆撃機を搭載せず、洋上の移動航空基地として味方機への燃料、弾薬の補給を主任務とするもので、敵の空襲下に留まるために飛行甲板に充分な甲鈑防御を施すという案が、艦政本部より出された。 


これに対し、用兵側の航空本部と軍令部からは通常の攻撃能力を持った航空母艦が要求された。 


結局、固有搭載機を42機とし、他空母機への燃料、弾薬の補給を考慮するものとして決着した。


飛行甲板は、500kg爆弾急降下爆撃への防御が要求されたため、下部を格納庫とする長さ210m、幅30mの範囲を20mmDS鋼板と14mmDS鋼板を上下に張り合わせた格子状構造物上に75mmNVNC甲鈑を装着した装甲とした。 


この装甲部分の前後に設けられた昇降機にも飛行甲板と同じ75mmNVNC甲鈑が装着されたため、重量は前部昇降機が180t、後部昇降機は110tときわめて大重量となった。 


水中防御は戦艦時代のままとされ、舷側防御は耐20cm砲弾として200mmとした。 


水平防御は100mmであったが、傾斜部や砲塔周辺には製造済みであった200mm甲鈑が装着された。 


また、軽質油タンクは周囲に装甲をめぐらし、マリアナ海戦の戦訓から周囲空所にはコンクリートが充填された。


改装完成は1944年(昭和19年)12月を目標としていたが、1944年(昭和19年)に入って横須賀工廠の繁忙により約3ヶ月間工事が中断された。 


ところが、7月末になって、完成を10月15日に繰り上げることとなり、一部作業の省略、簡略化を実施して作業を進めたが、引渡しは11月19日となった。 


28日には残工事のため呉に向けて横須賀を出航したが、翌29日、潮岬沖の110°、95浬の地点でアメリカ潜水艦Archerfishの雷撃を受け沈没した。